そろばんが向いている子の特徴とは?学習環境や関わり方のコツも紹介!

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。

消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮してコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。

問題のある表現がございましたらお問い合わせよりご連絡いただけますと幸いです。

こんな人におすすめ

  • どんな子にそろばんが向いているか知りたい
  • そろばんが与える学習能力への影響を教えてほしい
  • 子どもの性格とそろばんの向き不向きを知りたい

子どもの習い事として「そろばん」を検討するとき、上記のような子どもの向き不向きって気になりますよね。

実際に習い始めてみて、子どもに向いていなかったという事態は極力避けたいところ…。

「せっかくなら長く続けてほしいですよね」

この記事では、そろばんが向いている子の特徴を解説します。

記事を読めば、あなたの子どもがそろばんを習うべきかどうかが分かりますよ!

この記事を書いた人

りり
(そろばん生活運営者)

PROFILE

✓ そろばん歴10年

✓ そろばんの魅力・おすすめ教室などを紹介

✓ ふたりの子どもにもそろばんを習わせています

詳しいプロフィール

続きを見る

そろばんが向いている子どもの特徴とは?

そろばんが向いている子どもの特徴とは?

そろばんは、以下のような子どもに向いているといえます。

  • 論理的思考が得意な子
  • 集中力・忍耐力がある子

「順番に解説しますね」

論理的思考が得意な子

そろばんは論理的な思考が得意な子にとって、学びやすい計算ツールとなります。

なぜなら、そろばんは数字の配置や計算手順に論理的思考を必要とするからです。

得意な力を活かしながら、そろばんのスキルを学んでいけるわけですね!

論理的思考が苦手な子の場合は?

論理的思考はトレーニングによって向上させることができます。

習い始める前には論理的思考が苦手な子でも、そろばんを通じて数字の配置や計算手順のルールを具体的な例や図解を使って理解を深めることが可能です。

本人のレベルに合った課題を提供してもらいつつ、自分のペースで積み上げていけるように見守っていきましょう。

集中力や忍耐力がある子

そろばんの学習には集中力や忍耐力が必要なため、これらの特性をもつ子は学びやすい習い事といえます。

なぜなら、そろばんには時間内に素早く計算するための集中力、スキルを習得するまでにコツコツ取り組む忍耐力が必要になるからです。

「目標に向かって継続的に努力できる子に向いていますね」

集中力・忍耐力が苦手な子の場合は?

以下のように、集中力・忍耐力は鍛えることができます。

  • 集中力の向上:繰り返しの計算や桁の移動などの作業を通じて、集中力を鍛えることができます。
  • 忍耐力の育成:間違いを訂正したり、難しい問題に取り組んだりする中で、忍耐力を養うことができます。

ただし、どちらも子どもの現在の能力に合わせて少しずつ積み上げてあげることが大切です。

例えば、集中力が続きにくい子の場合には、まずは5分から始めて、10分、15分と少しずつ伸ばしていくような配慮があっても良いかもしれません。

成功体験や目標設定を通じて、努力の成果を実感できるようにサポートしましょう。

そろばんが子どもの学習能力に与える影響とは?

そろばんが子どもの学習能力に与える影響とは?

そろばんが子どもの学習能力に与える影響として、以下の2点を解説します。

  • 算数能力・脳の発達
  • 自己肯定感・効力感

「それぞれ解説しますね」

算数能力・脳の発達への影響

そろばんの学習は、子どもの算数能力や脳の発達に多くの良い影響を与えてくれます。

  • 算数能力の向上:数列のパターンや桁の移動などを操作することで、数の概念や計算力の向上が期待できます。
  • 脳の発達:そろばんの学習は脳の機能を刺激し、発達を促進させる効果があります。具体的にはそろばんと脳科学の関係もお読みください。

算数能力を向上させるために

数の概念を視覚的に理解させるため、そろばんの使い方や計算手順を具体的な例や図解を交えて説明しましょう。

子どもに問題解決の機会を与え、実践的な計算問題に取り組ませることで、算数能力の向上を促すことも効果的です。

自己肯定感・効力感への影響

そろばんの学習は、子どもの自己肯定感や自己効力感を育ててくれます。

  • 自己肯定感の向上:そろばんの学習は段階的な進歩や学習の成果を実感できるため、成功体験を通じて自信をつけることができます。
  • 自己効力感の向上:そろばんの学習に取り組む過程で、子どもは自己の能力を高めていくことを実感でき、学習への取り組み姿勢やモチベーションが向上します。

自己肯定感・効力感を高めるために

成功体験を積み重ねるために、そろばんの難易度を子どものペースに合わせて調整することが重要です。

子どもが間違えたりした場合には、さりげなくサポートしてあげることで、挫折感をもたせないように心掛けましょう。

適切なフィードバックや励ましの言葉を通じて、自己肯定感・効力感は育っていきますよ。

そろばんの向き不向きと子どもの性格との関係

そろばんの向き不向きと子どもの性格の関係について

以下のような子どもの性格・特性に合わせたそろばん学習について解説します。

  • 視覚型・聴覚型
  • 直感型・論理型

「それぞれ見ていきましょう」

視覚型と聴覚型の子どもに合った教え方

見て学ぶことが得意な子(視覚型)と、聞いて学ぶことが得意な子(聴覚型)では、学びやすい伝え方が異なります。

  • 視覚型の子ども:視覚情報を重視し、絵や図解による学習が得意です。
  • 聴覚型の子ども:聴覚情報を重視し、音声や説明による学習が得意です。

視覚型の子どもへの教え方

視覚型の子どもには、色鮮やかなそろばんや数字のイラストを用いた教材が適しています。

視覚的な要素を活用して、数字の配置や計算手順をイメージしやすくしましょう。

そろばんテキストおすすめ10選【子ども・初心者向けの学習教材・本を紹介】

聴覚型の子どもへの教え方

聴覚型の子どもには、音声や説明によるそろばんの学習が効果的です。

口頭での指導や音声(動画)教材を活用し、聞くことによる理解を促しましょう。

そろばんを学べるおすすめYouTube【初心者向け4選】

直感型と論理型の子どもに合った教え方

直感に頼って物事を理解する子(直感型)と、論理的に物事を理解する子(論理型)の子では、学び方が異なります。

  • 直感型の子ども:直感的な理解やパターン認識に長けています。
  • 論理型の子ども:論理的思考や手順に基づいた学習が得意です。

直感型の子どもへの教え方

直感型の子どもには、イラストや図解を交えたそろばんの学習が効果的です。

直感的に数字の配置や計算手順を理解できるように、ビジュアル的な教材を活用しましょう。

論理型の子どもへの教え方

論理型の子どもには、論理的な思考を促す学習が効果的です。

手順を論理的に組み立てることが求められる問題や、ルールやパターンを明確に示す教材を活用しましょう。

そろばんに向いている学習サポート方法

そろばんに向いている学習サポート方法

そろばん学習には、以下のようなサポート方法が向いていると思います。

  • モチベーションを高める
  • 個別の目標設定をする

「それぞれ解説しますね」

モチベーションを高める学習サポート

そろばんの学習において、子どものモチベーションを高めることは重要です。

以下のポイントをおさえて学習をサポートしましょう。

  • 目標設定と報酬
  • 視覚的な記録

目標設定と報酬

子どもに小さな目標を設定し、達成感や報酬を与えることでモチベーションを高めましょう。

例えば、時間内に正確に計算できた回数や、問題の難易度を上げるなどの目標を設定します。

視覚的な記録

子どもが自身の成績や成長を視覚的に確認できるように、進歩をグラフやチャートで可視化しましょう。

これにより、自己成績に対する認識を高めることができます。

個別に目標設定をした学習サポート

そろばんの学習において、子どもの成長を促す効果的な指導方法として、以下の2点を紹介します。

  • 個別に目標設定した指導
  • 継続的なサポート

個別に目標設定した指導

子どもの能力や進捗に合わせて指導内容をカスタマイズしましょう。

一人ひとりのニーズに合わせた適切な課題や練習問題を提供することで、成長を促します。

継続的なサポートとフィードバック

学習の過程で子どもをサポートし、適切なフィードバックを行いましょう。

子どもが成長を実感し、継続的な学習意欲を持つことが重要です。

そろばん学習に向いている環境の整え方

そろばん学習に向いている環境の整え方

そろばん学習に向いている環境として、以下の2側面から検討してみましょう。

  • 学習空間の工夫
  • 自己管理しやすい環境の工夫

「それぞれ解説しますね」

学習空間の工夫

そろばんの学習には適した環境づくりと学習空間の工夫が重要です。

以下に、そろばん学習に適した環境づくりのポイントをご紹介しますね。

  • 静かな学習環境
  • 整理整頓された学習スペース

静かな学習環境

そろばんの学習には集中力が必要です。

他の音や騒音が少ない静かで落ち着いた環境を整えましょう。

整理整頓された学習スペース

そろばんや学習教材を整理しやすいスペースを用意しましょう。

教材や道具が手元に整頓されて配置されていることで、学習効果が高まります。

自己管理しやすい環境の工夫

そろばんの学習を通じて、子どもの自己管理能力を育成することができます。

以下に、その方法をご紹介しますね。

  • 目標設定とスケジュール管理
  • 自己評価と振り返り

目標設定とスケジュール管理

子どもと一緒に学習の目標を設定し、スケジュールを立てましょう。

自分で学習の計画を立て、時間を管理することで、自己管理能力が育ちます。

自己評価と振り返り

子どもに自己評価や振り返りの習慣を持たせましょう。

自分の学習成果を客観的に評価し、反省・改善点を見つけることで、自己管理能力を向上させます。

そろばんの学習に向いているアクティビティ・ゲーム

そろばんの学習に向いているアクティビティ・ゲーム

そろばんの学習を楽しくするアクティビティやゲームを取り入れることで、子どもの学習意欲を高めることができます。

以下に、いくつかのアクティビティ・ゲームをご紹介します。

  • レース形式の計算ゲーム
  • パターン作成のチャレンジ
  • アプリなどの活用

「それぞれ紹介していきます」

レース形式の計算ゲーム

複数の子どもが同時にそろばんで計算問題に取り組むゲームを行います。

制限時間内に正確に計算し、最も早く解答できた子どもにポイントを与えるなどのルールを取り入れることで、スピードを鍛えられます。

パターン作成のチャレンジ

子どもに数列やパターンを作成するチャレンジを提案しましょう。

例えば、特定のルールに基づいたパターンを作ったり、特定の数字を使ったパズルを解いたりします。

これにより、創造力や論理的思考を鍛えることができますよ。

アプリの活用

そろばんの学習に特化したアプリ等を活用しましょう。

デジタルの学習体験やゲーム要素を取り入れたコンテンツは、子どもの興味を惹きつけますよ!

そろばん無料アプリおすすめ11選!メリット・注意点・体験談も解説

まとめ:そろばんに向いている子とは?

まとめ:そろばんに向いている子とは?

というわけで、そろばんが向いている子の特徴などを解説してきました。

ここまでをまとめます。

  • そろばんは論理的思考力や集中力・忍耐力がある子に向いている
  • 子どもの算数能力や脳の発達にポジティブな影響を与える
  • そろばんの向きを子どもの特性に合わせて選ぶことも重要
  • そろばん学習に向いている学習環境を整えよう
  • そろばん学習に向いているゲーム等を活用しよう

最近では、自宅で学べるオンラインそろばん教室も増えてきています。

オンラインなら送迎の必要がなく効率的に時間を活用できますし、地方在住でも都会の教室から指導を受けることもできます。

以下の記事では、おすすめのオンラインそろばん教室を11社まとめて解説しています。

無料で体験レッスンを受けることもできるので、ぜひ活用してみてください。

オンラインそろばん教室おすすめ12選を比較【子ども向け2024:体験談あり】